MENUopen



HOME > 大臣会見記録 > 平成25年 > 8月

8月

平成25年8月30日(金)記者会見

 

本日の閣議後の記者会見で「海外出張(フランス・インドネシア)について」、「車座ふるさとトークについて(事後)」、「少子化危機突破タスクフォース(第2期)第1回会合について(事後)」の3点について話しをしました。 詳細は下記に記載します。

 

@、【海外出張(フランス・インドネシア)について】 平成25年8月30日(金)森大臣閣議後会見発言要旨 1. 9月1日(日)から5日(木)までの日程でフランスを訪問いたします。

 

2. 今回の訪問では、ベルティノティ家族担当相、ヴァロー=ベルカセム女性の権利相、アモン消費担当相等との会談などを予定しております。

 

3. 少子化対策、男女共同参画施策、消費者政策に成果を挙げているフランスの実情を見聞きし、今後の我が国の政策立案に活かしてまいりたいと考えています。

 

4. APEC首脳会議が10月に開催されますが、それに先立ち、9月6日(金)から8日(日)までの日程で、インドネシア共和国バリ島で「APEC女性と経済フォーラム2013」が開催されます。

 

5.  同フォーラムでは、女性と経済に関する閣僚級と民間参加者が一堂に会し、「経済の推進役としての女性」をテーマに議論を行う予定です。

 

6. 私も出席し、「日本再興戦略」を中心とした我が国の最近の女性の活躍推進の取組を御紹介するとともに、APEC地域に共通して取り組むべき課題や取組について議論を行い、APEC首脳会議に向けた同フォーラムとしての成果文書の取りまとめに、積極的に貢献してまいりたいと思います。

 

A、【車座ふるさとトークについて(事後)】  一昨日、28日(水)、横浜市の認定こども園「ゆうゆうのもり幼保園」で「車座ふるさとトーク」を開催し、10名の育児中の保護者の方にお子様と一緒に御参加いただき、ママたちの育児についての日頃の思いをお聞きすることができました。

 

 例えば、入園前、夫の転勤や残業などにより、子どもと一対一でずっと一緒にいたママの孤独や不安についてお話がありました。  ママ友とのちょっとした会話で解決することもあるのですが、それができないということも多いので、地域での子育て支援の重要性を再認識しました。

 

 今回いろいろな御意見をいただきましたが、今後の少子化対策の参考にさせていただきたいと思います。

 

B、【少子化危機突破タスクフォース(第2期)第1回会合について(事後)】 1.昨日17時から、第1回「少子化危機突破タスクフォース(第2期)」を開催いたしました。

 

2.第1回タスクフォースでは、本タスクフォースの趣旨等をご説明させていただくとともに、第1期での議論と経緯及び少子化危機突破のための緊急対策等について共有させていただき、各委員からご発言をいただいたところです。

 

3.今後の進め方としては、本タスクフォースのもとで、「政策推進チーム」と「情報提供チーム」を開催し、議論内容について、適宜タスクフォースへ報告することとしています。

 

4.第1期においては、緊急対策としてどのような政策をやるべきかということを提案いただきましたので、第2期では「少子化危機突破のための緊急対策」を着実に実施するため、政府の少子化施策について、ご意見をいただき、具体的な事業の進め方やさらに加えてなおなすべきものがあるかどうかをご提言いただければと考えております。

 

会見の様子は、政府インターネットテレビの「内閣府大臣の動き」で放映されます。

政府インターネットテレビ 内閣府大臣の動き

 

また、会見の要旨は後ほど内閣府のホームページにアップされますのでご覧ください。

記者会見要旨

平成25年8月27日(火)記者会見

 

本日の閣議後の記者会見で「少子化危機突破タスクフォース」(第2期)について話しをしました。 詳細は下記に記載します。

 

【「少子化危機突破タスクフォース」(第2期)について】 平成25年8月27日(火) 森大臣閣議後会見発言要旨

 

1、平成25年6月7日に少子化社会対策会議決定された「少子化危機突破のための緊急対策」を実施するため、その具体的な施策の推進等について検討し、フォローアップに資することを目的として、少子化危機突破タスクフォース(第2期)を開催します。

 

2、第2期タスクフォースのもとで「少子化危機突破のための緊急対策」で掲げられた対策の具体的な施策の推進等について検討を行う「政策推進チーム」や妊娠・出産等に関する「情報提供チーム」を開催したいと考えています。

 

3、8月29日(木)に第一回のタスクフォース(第2期)の開催を予定しており、私も参加して冒頭に挨拶をする予定です。

 

4、詳細については、事務方までお問い合わせ願います。

 

会見の様子は、政府インターネットテレビの「内閣府大臣の動き」で放映されます。

政府インターネットテレビ 内閣府大臣の動き

 

また、会見の要旨は後ほど内閣府のホームページにアップされますのでご覧ください。

記者会見要旨

平成25年8月21日(木)記者会見

 

本日の閣議後の記者会見で社会保障制度改革推進法第4条の規定に基づく「法制上の措置」の骨子について、「車座ふるさとトーク」の2点について話をしました。 詳細は下記に記載します。

 

【社会保障制度改革推進法第4条の規定に基づく「法制上の措置」について】

 

平成25年8月21日(水)森大臣閣議後会見発言要旨

 

1. 本日の閣議において、社会保障制度改革推進法第4条の規定に基づく 「法制上の措置」の骨子を閣議決定しました。

 

2. 急速な少子高齢化の進展の下で、社会保障制度を持続させていくためには、少子化対策を総合的かつ着実に実施していく必要があります。

 

3. 本骨子においては、少子化対策を、講ずべき社会保障改革の措置等の第一の項目とするとともに、就労、結婚、妊娠、出産、育児等の各段階に応じた援を切れ目なく行い、子育てに伴う喜びを実感で きる社会を実現するため幅広い観点から各般の措置を着実に実行することが盛り込まれております。

 

4、 本閣議決定を受け、必要な財源を確保しながら、子ども・子育て支援新制度の着実な実施を図るとともに、子育て支援の強化、働き方改革の強化、結婚・妊娠・出産支援の三本の矢からなる「少子化危機突破のための緊急対策」を始め、少子化対策の更なる取組強化に努めてまいりたいと思います。

 

【「車座ふるさとトーク」について】

 

平成25年8月21日(水)閣議後会見発言要旨

 

 来週28日(水)、横浜市の認定こども園「ゆうゆうのもり幼保園」で「車座ふるさとトーク」を開催します。

 

 「ゆうゆうのもり幼保園」は、幼稚園と保育園を一体化した施設として平成17年に開所したところです。今回、育児中のパパ・ママ10名程度のお集まりいただき、生の声をお聞きしたいと思います。

 

 これまで首都圏近郊の子育て関連施設をお伺いする機会がなかなか得られなかったのですが、この春に待機児童ゼロを達成した横浜市内の施設で保護者の方々と意見交換ができることは、今後の少子化対策の参考になると考えられ、大変楽しみにしております。

 

会見の様子は、政府インターネットテレビの「内閣府大臣の動き」で放映されます。

政府インターネットテレビ 内閣府大臣の動き

 

また、会見の要旨は後ほど内閣府のホームページにアップされますのでご覧ください。

記者会見要旨

平成25年8月15日(木)記者会見

 

昨日の閣議後の記者会見で人事院による意見の申出(配偶者帯同休業)について話しをしました。 詳細は下記に記載します。

 

人事院による意見の申出(配偶者帯同休業について)】 平成25年8月15日(木)記者会見  森大臣発言要旨

 

1、8月8日に、人事院から国会及び内閣に対し、「一般職の職員の配偶者帯同休業に関する法律の制定についての意見の申出(もうしで)」が行われました。

 

2、これは、「日本再興戦略」などを踏まえ、6月17日に、私(大臣)から人事院総裁に対し、配偶者の転勤に伴う国家公務員の離職への対応として、必要な対応を検討するよう要請したことにも答える内容となっており、大変嬉しく思っております。

 

3、「隗より始めよ」ということで、これが法制化され、公務員から率先して取り組むことで、男女の継続就業が官民ともに促進されるよう期待しております。政府としても、引き続き、女性のライフ・ステージに対応した活動支援等を行ってまいります。

 

 

会見の様子は、政府インターネットテレビの「内閣府大臣の動き」で放映されます。

政府インターネットテレビ 内閣府大臣の動き

 

また、会見の要旨は後ほど内閣府のホームページにアップされますのでご覧ください。

記者会見要旨

平成25年8月8日(木)記者会見

 

今日の閣議後の大臣記者会見です。 薬物乱用対策推進会議において、「第四次薬物乱用防止五か年戦略」を決定したことをお話しました。後日内閣府インターネットテレビで会見内容が見れますのでみなさんぜひご覧下さい。

内閣府インターネットテレビ 大臣の動き

 

また、会見の要旨は後ほど内閣府のホームページにアップされますのでご覧ください。

記者会見要旨

このページの先頭へ戻る